レイプ物の小説が増える理由とは?

女性の性的魅力以外のものへの欲求が現れるレイプ小説

同じレイプものでも、男性向けの作品の視覚的描写や肉体的暴力と比べれば、この作家の文章は文学的だし、感情の描写も多い。
専門家によれば、こうした女性向けのレイプものに登場する男は、ほとんどが男前で、魅力的なアルファの男だという。
つまり、セックスの相手としては、ミス・マーブルが気に入るタイプの男なのだ。
2008年に2人の心理学者がレイプ小説を分析し、次のように記している。
「女性が現実のなかに望んでいるのは、パワフルで魅力的なえり抜きの男に降伏し、危険と興奮と男の熱い思いを感じることだ」

しかしメレディス・シバーズは、女性が降伏する自分を想像するのは、原始的な本能のようなものが働いていると指摘する。
「降伏願望というのは、意志を超越したい、思考を超越したいという願望で、完全に中脳の働きによって生まれている」。
学者たちは、レイプものには理想的な男が登場すると考えているが、アマチュアの女性作家が書いたレイプ小説は、魅力のない野蛮な男たちによるレイプをゾッとするような細部まで描いたものも多い。

ネット上の英語の官能小説のサイトでは、「リテロティカ」がもっとも人気があり、月間訪問者は500万人にのぼっている。
このサイトは、1990年代にジョンとローレルが夫婦で始めたもので、今では20万作を超える官能小説を抱えている。
柏 デリヘルではお店によって、オプションの価格が大きく変わっている様に思います。オプションはつけたいけれどお高い…などと思ってる方でも大丈夫なお店がどこかにあるはず。


ヒーロー自身も、彼女は好みのタイプではないと言っているし、彼女と一つ屋根の下で暮らすようになってからも、彼女に欲望を抱くことはなかった。

しかし彼は、町じゅうのどの女性でも選べたのに、結局は、処女だった彼女の「マジック・フー・フー」のとりこになり、彼女に惚れ込むことになる。
既婚の男性に魅力を感じる女性が多いのも、人気が女性の心を捉えるキューになっているからではないだろうか。

What's New
2012/10/22 おすすめ記事を更新しました。
2012/10/18 新着記事を更新しました。
2012/10/17 いい男はみんな彼女がいるを更新しました。
2012/10/14 感情や愛情のないセックスを更新しました。
2012/10/12 生理的嫌悪感を抱かせるようなジャンルを更新しました。
2012/10/10 「合意のない、本意ではない」セックスを更新しました。
2012/10/09 女性の性的魅力以外のものへの欲求が現れるレイプ小説を更新しました。
2012/10/06 ホームページをリニューアルしました。

他サイト紹介
横浜風俗情報池袋風俗Walkerぴゅあらば
神奈川県内のフーゾクを地域別にご紹介します。池袋風俗情報ほぼ全店掲載IkebukuroWalker店舗型風俗店、デリヘル、女の子など風俗最新情報を簡単に検索できます。